NENOMETALIZED

Music, Movie, and Manga sometimes Make Me Moved in a Miraculous way.

演劇

日常の何気ない光景が「普遍の真理」に変わる時〜 #Anly「Homesick」、 #天野花「渚」、#タカハシリツ「たそがれメリーゴーランド」を中心に

日常の何気ない光景が「普遍の真理」に変わる時〜#Anly「Homesick」、 #天野花「渚」、#タカハシリツ「たそがれメリーゴーランド」を中心に The Table of Contents 1. Anly sings『Homesick』 2.「Homesick」と共時する楽曲3選 ❶Taking My Time ❷Rainbow ❸V…

これぞ、#上西雄大 のアメイジング・グレイス〜『#コオロギからの手紙』爆裂レビュー!

1. Comprehensive Review Amazing gracehow sweet the soundThat saved a wretch like me I once was lostbut now am foundWas blind but now I see 驚くばかりの神の恵み何と美しい響きであろうか私のような者までも救ってくださる 道を踏み外しさまよって…

S-igen企画(#吉田彩花)がこの世界に放つオルタナティブパンク『#悲劇のアルレッキーノ』爆裂レビュー(完全版)

S-igen企画(吉田彩花)がこの世界に放つオルタナティブパンク 『悲劇のアルレッキーノ』爆裂レビュー Table of CONTENTS 1. preposition~エンタメとは何か? 2. Story&Cast of『悲劇のアルレッキーノ』 3. Focus of『悲劇のアルレッキーノ』(A)狂気から共鳴、…

映画『#ひとくず』ディレクターズカット版🍛、爆速レビュー!ネタバレあり...ってかもはやネタの宝庫です🧸

映画『ひとくず』ディレクターズカット版、爆速レビュー! Table of CONTENTS 1. Three Types of『ひとくず』 2. ひとくずDC版、その全貌 SCENE1~カレー&チョコレートの真実 SCENE2〜コンビニだったという真実 SCENE3〜クマがコマネチでママは綺麗だという…

彼女達こそシンガーソングライター界の『ジャスティス・リーグ』だ!#はるかりまあこ(#HALLCA #仮谷せいら #AmamiyaMaako)のMVからLIVEから楽曲まで色々と分析しました!

1.はるかりまあこ『TERMINAL』MVの見所 今年2021年様々なアーティストが様々な形でミュージックビデオを発表しているが、その中でも特に目を引いたというか、最も気に入ってると言っても差し支えないのがこちら「はるかりまあこ」の『TERMINAL』のMVである。…

#吉田彩花 (Saika) 名古屋Tour Three days 大成功記念〜エンタメ界の太陽、Saika曲を語り尽くせ!

「“うた”はブログであるとか、写真であるとか、色んな媒体があるけど、今の私の気持ちが真空パックされると思う。今から歳をとって、何十年か後に自分の歌を聴いてどう思うのだろう。それがとても楽しみです。」ーSaika(2021/6/21) 1.名曲『むらさき』爆誕!…

日常を取り戻すと言うことの意義〜 ねこはっしゃ。の『ふたり、静かに』を観劇して

0. はじめに まさかの不意打ち。それは、大阪は日本橋にある小さな劇場インディペンデント・シアター1stでの空晴主催による『ふたり静かに』三回目の鑑賞時、本編終演後の一言挨拶の時に起こった。 *1 ついぞ、さっきまで70分ほど舞台上で「静か」を演じた演…

ようこそ、ここは映画『#ひとくず 』『#西成ゴローの四億円』『#西成ゴローの四億円死闘編』『#ねばぎば新世界』『#ヌーのコインロッカーは使用禁止』etc...の名セリフ・名シーン・ネタバレありのディープな感想etc...を語り尽くすテンアンツファン達のリビング・ルームです!「」

さて、前回の記事にて映画「ひとくず 」の13000字以上にのぼるレビューを執筆した。 去年(2020年)の11月の公開以来、もう半年以上もの間舞台挨拶を敢行してその努力が実ってとうとう2月には初のシネコン舞台上映までにたどり着き、ここ最近はあの日本映画…

映画『#ひとくず』爆裂レビュー〜エンタメの未来を見据えて〜

1. 映画『ひとくず 』〜概観とレビューの狭間で 気に入った映画は何度でもリピートしたいものだ。これは映画好きなら誰しも経験のあることだろう。私の場合2度目以降はストーリーやネタ云々は既に頭の中に入っているので、むしろ自分の好きな場面、気に入っ…

Saika(吉田彩花)1stシングル『余韻』レビュー!!〜全てのエンタメよ、太陽に笑え☀️〜

1.吉田彩花 (Saika)と音楽 思えば、私にとって、吉田彩花の周りには常に「音楽」が存在しているように思う。まぁ私もここ2年ぐらいなのでそれほど長く彼女を認知しているわけではないが、個人的に知っている範囲で言えば、前の記事でも触れているように2年前…

映画『アルプススタンドのはしの方』が令和2年の夏を代表するべき超ド級の大傑作だった件

物 0. 約4ヶ月ぶりの映画館 このコロナ禍において、最後に映画を観に行ったのっていつだったろう? 個人的にはもうずっと前の真冬の最中ぐらいかと思ってたが、これが意外と中途半端に昔(笑)4月4日のパンクバンドThe Clashなどを題材としたドキュメンタリー…

リモート作品洗練の極致『GCM動画日記』爆裂レビュー〜Case3;『女の話』篇

1. Overview of『GCM動画日記』Case3; 女の話 前回の記事では『GCM動画日記』の記事では、Case1「5人兄妹の話」に焦点を絞って、世間のリモート作品はコロナ禍を意識した設定が多い幾多のリモート作品と一線を画して、その種の空気を一切感じさせず純粋にス…

コロナ禍配信ラッシュのパイオニア、『GCM動画日記』爆裂レビュー〜Case1篇

0. コロナ禍におけるライブ事情あれこれ ここ最近のコロナウイルスによるライブイベントが軒並み中止になったり、マスコミにおけるライブハウスバッシングがもう目に余るほど凄まじいことになっている。別にコロナウィルス自体はライブハウス自体から発症し…

加藤昌史著『10秒で人の心をつかむ話し方』レビュー

この本の著者、加藤昌史氏は日本を代表する人気劇団の一つである演劇集団キャラメルボックスの製作総指揮、いわば劇団内での総合プロデューサーを担当されている方である。他にも劇場で使用される音楽の選曲などの音楽プロデューサーであったり、劇団会社の…